2017年_石垣島レポート その2(今年、アカショウビンは? part2)

昨日の午後那覇に移動して、今日の15時00分羽田着の便で帰ってきました。 今朝は那覇のホテルで旅行中としては初めて雨音で目を覚ましましたが、空港に行く時刻には雨も止み、出発時には晴れていました。 やっぱり今回もツキがあったようですよ。(^^) では、前回の続きです。 『葉っぱカブリ』でガックリした後、蝶は諦めてトンボポイントに移動しました。 ところが、こちらも3年ぶりに来た池は蓮に覆われ、おまけにその日は草刈りの作業が入っていて、とてもトンボの写真どころでは無い状況です。 池を離れようとした時、突然カワセミの鳴き声…これは声の大きさからしてかなり近い所にいるはずですが、私の突発性難聴の耳では方向が解りません。 カミさんに方向を聞いてゆっくりそちらに歩いてみると…。 『いました!』 ちょっとぎこちない「ピロロロ~」です。 若鳥かな? 6月28日 11時05分 OLYMPUS E-M5 + M.ZD40-150mm F2.8 PRO + MC-14 ISO1000 1/500 F6.3 焦点距離210mm(35mm換算 420mm)(4608×3456pix→4400×3300pixで5%程トリミング…以下同じ) うまく鳴いているところが撮れました。 撮影距離19.5m ここから少しずつ近づいて…。 撮影距離 12.8m 何とか飛ぶところを撮りたかったのですが、後ろに飛び出されて…OUT!  露出 同上 でもこれが撮れたおかげで、暑さと疲れが半分程飛んで行ったようです。(^^;) これで気分良く、お気に入りのカフェに昼食へ。 お昼のハンバーグプレートです。 見た目より、かなりボリューミーでした。(今回体重が増えた原因の一つかも…) ふくれた腹をもてあましながら、結構満足して帰りのドライブ中、また右から左に赤い姿が…。 ゆっくり急ブレーキを踏んで停車!(なんじゃそりゃ?) 車を出ると逃げられる恐れがあるので、後席左の窓をソッと開けて狙いました。 12時22分 撮影距離7.6m(これが今回一番近かったですね。) ISO1600 1/125 F/4.5 この時も連写1回で終わり。(向こう側に飛ばれて飛びものも…ダメ) 考えて見れば、一日で3回のシャッターチャンスがあったわけですから、ツキがあったと考えても良いですよね。 何となくニヤニヤしながらホテルに帰りました。 この時点で、夜、to be continued とBLOGにアップしたわけですが…。 実は、これでもまだ終わらなかったんです。 その続きです。 29日は13時30分石垣発の飛行機で那覇に移動することになっていました。(JALPAKのツアーなので仕方ないんですよね) そのため、ホテルに一度戻ってシャワーを浴びた後、レンタカーを返したりしなければならないので、撮影時間は10時迄が精一杯です。 早めに出かけた8時45分に最初の蝶ポイントで、まだ撮れていなかったツマベニチョウの雌を発見! これだけでも来た甲斐があったというものです。 いつものポイントを一通り見て回った後、昨日アカショウビンを見た所を通ってからホテルに戻ることにしました。 「まさかこの日も」なんて虫の良い話が……って、…「いた~!」 昨日のポイントより1kmほど南を走っていたら、今度は左から右へとんで見える位置にとまっています。 右側なので、右の窓を開け枝カブリの無い位置まで車を動かして連写~。 「あ~、また逃げちゃった。」 6月29日 9時40分 ISO1250 1/640 f/4.5 これは昨日の鳥だったのかな? と思いながら昨日のポイントについたら、またいるじゃ無いですか? 今回は暗すぎたのと、位置が悪かったのでボツにしましたが、これだけチャンスがあって飛びものが撮れなかったとは…。 ちょっと悔しいです。(なに贅沢言ってるんだ…って?) とまりものについては5年前に撮った絵を超えられませんでした。 今回は全てアカショウビンのとまった場所がかなり暗かった事も、イマイチ満足出来ない理由の一つかもしれません。 とは言え、前回石垣島に来た時は姿を見ただけで終わってしまったので、文句は言えません。 (まあ撮れないのが普通で、今年がちょっと異常だったのでしょうね。) 帰ってきて直ぐイモムシたちをチェックしたところ、アカボシゴマダラは予想通り2頭とも羽化済み。 ジャコウアゲハはまだ1頭も羽化していませんでした。 羽化までもうしばらくの間、ジャコウアゲハとの付き合いが続きそうです。 <!– –>


宗教史100テーマ(死生観・死生観・崇拝される神や仏)

人はなぜ死ぬのか?死んだらどこへ行くのか? 死に対する不安や恐怖をやわらげるのが、宗教が果たす役割のひとつです多くの宗教では、死んだ後にも何らかの世界(他界・来世)があると考えられています死とは単なる通過点、又は新たな生への出発点と考えられてきた来世観の起源は、旧人(ネアンデルタール人)らももっていた(埋葬跡)古代文明においても、エジプトの墳墓からはミイラや豪華な副葬品等発掘されている宗教ごとに異なる崇拝対象としての神や仏知識・意欲の向上目指し、記事を参考・引用し、自分のノートとしてブログに記載記述に誤り不明点あると思います、詳細、出典記事・番組・画像等で確認ください出典、『宗教史(成美堂)』 死生観・さまざまな神(『宗教史(成美堂)』記事より画像引用) キリスト教などの来世観具体的なイメージの来世観 ☆「幸せに満ちあふれた天国」と「業火で焼かれるなどの苦痛が続く地獄」今生の行いが死後の行き先に影響を与えるとする現世における人々の倫理観を醸成した 宗教での理想の最終目標の来世観仏教における「輪廻転生からの解脱」の来世観キリス卜教、イスラーム教における「最後の審判ののちに天国に行く」の来世観 宗教ごとに異なる崇拝対象としての神宗教において、信仰の対象として畏れ、崇められる存在が「神」です万物の創造主であり、唯一絶対的な存在として認識される「超越神」 ☆ユダヤ教、キリスト教、イスラーム教における神天体や自然現象そのものが神格化された「自然神」 ☆太陽や雷人間的な性格を備えている神 ☆オリンポス十二神や『古事記』『日本書紀』の神々実在した人物が神として祀られている ☆日本の神道(天満宮の菅原道真、東照宮の徳川家康、乃木神社の乃木希典)生身の人間を生き仏(活仏)として崇拝 ☆チベット仏教のグライ・ラマ 神の表現の仕方神を描いてはいけないとする宗教もある人間に近い姿で描かれる神の宗教もある


今日の天気 雨  大雨

       大雨です!        夜中に土砂災害警戒情報が        小谷村に発令されました。        雷雲が居座っているため        八方のゴンドラは運転見合わせ        そのため今日のガイドは中止        この雨ですからちょっとホッとしました。        裏の畑まるで水田のように        水田があるとこうして水をためてくれるので        川への水を少しは抑えてくれます        これが全てアスファルトだったら        都会は大変ですね。          今日も          クリック          よろしくお願いします。            にほんブログ村 <!– –>


王青@160701

去年の今日 2016年7月1日 青くんweiboにあがった写真です 青くんどこに行くんだろう~??って みんなでざわざわしてて… そしたら 日本に来てたーーーー 青くんのこの来日がきっかけで 一気にテンション上がったんですよね あー でも たった1年で 状況がずいぶん変わってしまったな 青宇見れないから…なんかつまんないな <!– –>


ネット投稿

「もしもし、吉田家さんですか? ブログを見てお電話したのですが メダカは頂けますか?」 3年前まで無償でメダカを差し上げておりました。 今は・・・ どんどん増えるメダカに水槽の管理が大変なため パートさんに全メダカをお任せしてしまいました。 なので・・・・ 今は差し上げることができません。 ですが・・・・ 三年前のブログでも見てもらえるという ネットの凄さを体験した一本の電話に 驚きを隠せませんでした^^; 一度載せたら拡散して消すことが出来ないというネット 慎重に使う必要をひしひしと感じます! 投稿する前によく考えましょうね^^b おはようございます^^ 埼玉県久喜市の手打そば吉田家の 蕎麦と着物と日本文化をこよなく愛する女将です♪ 梅雨らしくなったねぇ 喜んだのもつかの間 じめじめに憂鬱感を示す人が増えて来ました^^; 今日もしっかり雨の久喜市 梅雨の陽気に負けない心と体で 元気に明るく楽しく参りましょう♪ 今日から7月♪素敵な一日を♪ 女将は今日も 美味しく食べて健康に! 食べ続けてわかる蕎麦の良さ! 元気は体の中から! 健康作り協力店の吉田家は お客様の元気と健康を願いながら メニューお店作りを楽しみます♪ きやっせ!久喜情報は フェイスブック久喜すき大好きを ご覧ください♪ <!– –>


僕の『センチメンタル・カーニバル』。

【碧の瞳(あおのひとみ)の花が満開だ。】碧の瞳は、中国南部などが原産とされるアジサイの近縁種だ。見た目がアジサイと似ていることと常緑であるという特徴から、常緑アジサイとも呼ばれる。名前の由来の碧い実も投稿できたら嬉しいな。 【サンク・エール「ライトブルー」。】 「真夏のゴールデンルーキー」と言うキャッチコピーでサントリーが今年売り出したスカエボラだ。花弁が5つの翼・羽に見えることから、フランス語の「5(cinq・サンク)」と「翼・羽(ailes・エール)」を組み合わせたサントリーのブランド名だ。写真は今朝の雨に濡れた花。でも垂れない。しっかりした花だ。 【ロベリア・ディープブルー。】 和名は、瑠璃蝶々(ルリチョウチョウ)。花姿は和名のとおりだ。春から初夏にかけて、爽やかな色で花壇を彩る人気の花だが夏の暑さに弱いのが難点。園芸新品種は強いというのが売りだが、残念ながら私は夏越しに成功したことは、まだ無い。青い花が三つ続いたので、、、。 【チェリーセージ・ホットリップス。】 「イチゴミルク」の名前の方が有名だ。赤と白のツートンカラーが愛らしい品種で、それぞれの色の面積は気温によって変化し、気温が低いと白、高いと赤が多くなるらしいんだ。今年はまだ気温が低いみたいだね。 【アブチロン・チロリアンランプ。】 葉の脇から長い花柄を垂れ下がらせて、赤い筒状の萼が目立ち、ランプをぶら下げたような形の色の花を咲かせる。流通名をチロリアンランプという。ただし、花は先の黄色の部分である。だから写真では花を咲かせているのはひとつだね。年中咲いているのが嬉しいね。 1977年8月、僕は23歳だった。まっちゃんバンドも活躍していた頃だ。6月に発売された「センチメンタル・カーニバル」と言う歌がヒットしていた。歌っていたのは、あおい輝彦さん。彼も歌手の絶頂期だった。まっちゃんは、この歌のメロディーに嵌ってしまい、まっちゃんバンドのレパートリーとなった。 その頃、我が地域では青年団が辛うじて活動しており、盆踊り大会も主催し、開催していた。若者の流失も始まり地域も段々元気がなくなり始めた頃だ。「まっちゃん、今年の盆踊り大会に変わったことをしたいんだ。 そこで、大会の途中の休憩タイムにまっちゃんバンドに 演奏をお願いしたいんだ。若者に元気を、地域に元気を 与えて欲しいんだ。」 まっちゃんバンドのメンバー4名も快諾し、午後8時30分から野外コンサートをすることになったんだ。青年団幹部が、会場の小学校のバックネットの前に仮設舞台を組んでくれ、コンサート用の照明も準備してくれた。踊っている時、ステージは真っ暗。団長の「それでは休憩タイム。でも今年は、サプライズ。    まっちゃんバンドのミニコンサートの開幕です。」の挨拶後仮設舞台に向けて、一斉に照明が当たり、まっちゃんバンドの演奏開始。オープニングがこの「センチメンタル・カーニバル」。続いて「ビューティフルサンデー」。そして、、、。コンサートは僅か15分だったけど大いに盛り上がったことを今でも記憶している。しかし、地域の盛り上がりはいっとき。 その6年後には、地域の青年が極端に減少し青年団も消滅した。地域の継続した活性化ってとても困難なんだよね。 まっちゃんバンドが解散した後は、カラオケでの十八番がこの歌であった。のちに、芳本美代子さんveresionもヒットしたよね。ところが「センチメンタル・カーニバル」を演奏した音を記録しなかったんだ。そう、若い声の音源を残さなかったのが残念でならない。 何を思ったか40年後の今、還暦もとうに過ぎた、まっちゃん爺が歌います。もう昔のような伸びやかな声は出ないけれど一応、記念として作ってみたんだ。この歌を歌うと、その当時のことを鮮明に思い出すから不思議なものだね。 それでは、下↓をクリックして見て、聴いてくださいね。なお、画像の花は、ブログに掲載したまっちゃんのガーデニング、夏の花達ですよ。 センチメンタル・カーニバル covered by masaring [embedded content] そう言えば9年前に「盆踊り大会でライブ」と言う記事を投稿し、↓をクリックしてネ。http://blog.goo.ne.jp/n20471105/e/de5cc345b90ef1e6b2738e638070846d彼自身の歌声を投稿、2年前、gooになってから画像の動かないYou Tubeに作り直しアップしたら、何と1万回以上の再生だ。郷愁溢れるメロディーは、皆の心に印象付けられているんだね。 【雨に濡れたオレンジ色のサンパチェンス。霜が降りるまで咲き続ける。凄い花だネ。】 <!– –>


トウガン(冬瓜)

今年もトウガン(冬瓜)が大きゅうなってきました。 この野菜は名前に冬がついとるけえーど、夏に収穫するのに 保存が冬までできるんで冬の名前がついたいう説もあるん じゃてえー、奈良時代に中国から渡ってきたんでそりゃあー、 古いなあー、体のむくみを取ったり、熱を下げたりするらしい、 まあー味はあんまりねえーけんなあー人によって好き好きがあ るなあー、長トウガン、姫トウガン、大丸トウガン、琉球トウガンや こうがあるんじゃけえーど、うちで採れたんは、長トウガンでトウガンの中じゃあーそがん大きゅうね えーんじゃけえーど、せえーでも大きいなあー、いまうちの畑にゃあー、こがん、トウガンやスイカが 大きゅうなりょうるでえー、楽しみじゃあー。 ところで、この頃の梅雨空でうっとうしい天気がつづいて気がめいっとる人もおおいんじゃろう たあー、おもうんじゃけえーど、逆にうちの山の神の家内やこうは気がはればれスカアーっと しとるんもおるけんなあー、昨日やこうは少し天気になったと思うたら、晩御飯の支度を してえーて、畑に出て、しゃかりき、やってくれるでえー、わたしが買うてきた、生姜、の 苗を植えるのに自分で本で見てえーて、あのなあー、あんた、あんたはどうしてそがん とこへ植えるん、生姜、いうんわなあー、極端に強い日光を嫌うんじゃけんなあー、できるだけ 日影がええんでえー、知らんのんかなあー、言うて私を馬鹿にして、もうー・・・なにゅういよんなら わしはしっとるけん、ここのミニトマトのあとへ植えるんじゃがあー、日おそい、もちゃんとできる ようにしとるじゃろうがあー、なんで、ここがいけんのんならあー、あのなあー、そがんとこへ せんでも、ゴーヤが大きゅうなってきてその日陰がいちばんええーんじゃがあー、わからんのかなあー、 いうことで、どうにもなりません、ゴーヤの日陰で決まりです。私がようた、ミニトマトのあとは サンチェ、いう、レタスを植えて家内の言うままで終わりました。へえーけえーど、ようと、考え りゃあー、作戦勝ちじゃあー、うちの家内はほんならどうすりゃあー、言うとええ考えが浮かばん、 せえーけえーど、一つの案をだしたりゃあー、頭が動き出してええことになることが多いんじゃけんなあー ただ、私の考えをひっこめることをしてやらんといけんわなあー、そりゃあー、これがいつもじゃけんなあー やられたあー、いようたんじゃあー、体に悪いーけんなあー、はじめから筋書きをつくっとかんと いけんけえーなあー、頭の体操じゃあー、上手に動いてもらうんが得策じゃろうけんなあー。 それではシルバー川柳を    ばあちゃんが 師匠になる 野菜畑 サラリーマン川柳から    今帰る 妻はもうー!と 不機嫌に <!– –>


メキシカンライオンズイヤーです♪

メキシカンライオンズイヤーです。産毛が覆って柔らかな葉です。ライオンはとてもとても。赤ちゃん猫の耳なら、合うサイズがありそうです。 ボタンクサギです。花の香りは私は好きとまではです。葉は臭いです。1輪咲いていただけが1日で満開になりました。殺虫剤を掛けたので蟻とアブラムシは消えています。アブラムシにアリが寄ってきていたのです。 時計草・セルレアです。また花数を増やしています。20個ほど連日咲いています。良い香りの花です。 クレイジーデージーです。併記でシャスタ―デージーとありました。同じ程度の花弁で、さほど狂ってないのもブログで拝見しています。2番咲の花です。 レモンバームの花です。先日から咲き始めていますが、撮りにくくて今です。 モナルダ=松明花=ベルガモットです。咲き進んで中心の花弁が抜け落ちています。種って意識したことがありません。昔にピンクが消えて、半月ほど遅い藤色も消えたような、それらしき姿がありません。 残り咲きのアスチルベです。先から咲いてるのは種?になってるように見えます。 一昨日僅かにした剪定で体の節々が痛くて、困ったことです。それに気温も輪を掛けます。8:45の室温は26度、湿度は69%です。外気温は既に28度、湿度は58%です。南西の風で雨、昼過ぎから曇り、所により雷を伴う、最高30度予報です。雨は降ってなくて明るい陽射しです。 集中豪雨の地方の皆様、お見舞い申します。少しでも被害が少ないように願っています。 <!– –>




ˆ Back To Top