国に頼らない形

*********************************

「世界初『全て無料』のスーパー 値札無し、レジも無し」(7月8日、朝日新聞

オーストラリアシドニーに「全て無料」のスーパーが出来た。賞味期限切れ前でも処分されてしまう様な食品を、大手スーパー等から譲り受けて提供する。未だ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めて貰い、生活に困っている人々の支援も狙う。

シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーン・フレーク、ビスケット等が並ぶ。値札は無く、レジも無い。客は買い物1つ、品物を手に出来る。

運営するのは、2004年以来、オーストラリア各地で支援が必要な人に計6,500万食を提供して来た市民団体オズハーベスト」。ロニ・カーン最高経営責任者が「此れを見て下さい。」と見せたのは、賞味期限迄4日在るヨーグルトだ。大手スーパーではもう売れず、引き取った。こんな食品ロスの問題に付いて「理解を深めて欲しい。」と言う。客にはスタッフが個別に付いて、説明をし乍ら選んで貰う。小売業者等から譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにも在るが、「無料」なのは「世界初」と言う。

開店時間は、平日の午前10時から午後2時迄。毎日150人程が来店し、約2千点の品物の大半は無くなる。客には代わりに寄付を御願いしている。4月の開店から5週間で2万豪ドル(約170万)が集まった。寄付は団体の食事提供事業の費用に充てられる。客のジェニー・モーガンさん(42歳)は野菜やビスケットを手に、「充分食べられる。困った人達の手助けもしたい。」と話した。

無料でも運営出来るのには理由が在る。約10人のスタッフはヴォランティアで、家賃や光熱費趣旨賛同したビルのオーナー厚意で無料。こんな条件が満たされれば、別の場所でも展開したいと言う。

*********************************

善意を悪用する居るから、無料の食品を大量に得て、其れ等を転売する事が出て来るのでないか?」という懸念は在るが、「客にはスタッフが個別に付いて、説明をし乍ら、買い物籠1つ迄選んで貰う。」という事で、“最低限の縛り”としているのだろう。

農林水産省及び環境省の「平成26年度推計」によると、我が国では年間約2,775万トンの食品廃棄物等が出されており、其の内、未だ食べられるのに廃棄されている食品、即ち「食品ロス」は約621万トンとも言われている。世界中には今日食べる物も無く、餓死して行く者が多く居るというのに、実に悲しい現実だ。

大量の食品ロスが出ている一方で、貧困家庭が増大している。食品ロス減少と貧困家庭の救済(「子ども食堂」等の取り組みは在るけれど。)という意味で、オーストラリアの取り組みが、日本でも行われて欲しい。に頼る形”では無く、“企業や国民個々が支える形”というのも、今後は重要になって来るのではないだろうか。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top