藤井四段とフリーセル連勝

藤井四段といえば、プロデビュー後に公式戦負けなしの破竹の連勝新記録を樹立した中学生。

その活躍を見て、将棋を始めた人も多いらしい。

私は、再び、フリーセルの連勝記録に挑む意欲がわいてきた。

2000連勝(リンク有)と、3000連勝を達成したときは、連勝を続ける意義と意欲について、

自分なりに分析し、記事を書いたところですが…。

次第に、意欲が薄れ、パソコンに向かうこともなくなっていたところに、藤井四段。

現在のところ、負けなしの3831連勝。

あと170勝で、4000連勝。

フリーセルは、絶対勝てると書いてあるし、

将棋では、「待った!」は許されないし、試合後の感想戦で初めて、勝敗の分かれ目のところに立ち戻れるが、

フリーセルでは、「待った!」は許されるし、打つ手がないと「手詰まりです!」と教えてくれるし、前にどこまでも戻れるし、スタートから再出発もできる。

それなら、勝利や連勝の意味がないのでは、と思えるかもしれないが、この単純なゲームで、結構難問がある。

例えば、18533は難しかった。

31418、22322、21532、21501、17708もゲーム番号をメモったので、少し手ごたえがあったと思う。

勝つことに、意味を見出して、連勝記録を続けることも、それなりに大変なことではないかと再認識して、

藤井四段の活躍を歓迎しながら、4000連勝を目指して行こう。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top