正しい資質

サム・シェパードさん…。

「ライトスタッフ」出演。

音速を超え、宇宙をその目で見た男。

なんという凛々しさ。姿勢がいいんだな。

映画史上、最高のドヤ顔、と言ったら、

この映画のサム・シェパードにとどめを刺す。

「パリ、テキサス」脚本。

愛を受け入れることができない男の

彷徨っぷりが、やさぐれた自分に滲みた。

ヴェンダースの、ライ・クーダーの、

スタントンの、ナタキンの映画だけど、

サム・シェパードの映画でもあるんだな、と。

「ローリングサンダー航海日誌」著作。

70年代のディランのツアーに同行した

ルポルタージュ。ふたりの才能がぶつかり、

尊重しあう様子が詩的に美しくて。

俳優、脚本家、作家としてカッコいい人だったなと思う。

本当は劇作家なんだろうけど、

そのあたりを追いかけなかったのが、今となっては悔やまれる。

時間を見つけて、

ロートルの西部劇スターを演じた

「アメリカ、家族のいる風景」をまた見たいと思います。

それにしても

訃報が続いて、シネフィルにはたいへん辛い日々です。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top