小樽 裕次郎ホ-ム

暫く好天気が続く様なので行くかと積丹岬へ もう一つどうしても小樽に行きたくて 日高道から高速に乗り 苫小牧 千歳 札幌を通って小樽で降り先ずお昼だったので、いつもの「魚真」に向かいます。

途中 小樽運河を横目に 時間が時間だけに運河界隈は観光客で一杯 魚真に付くと丁度昼時で予想道理待ち客が、並んでます。 ここは地元の方に教えて貰ってもう10年 食べに来させて貰っています。価格も庶民的で私らには良い所です。最近は小樽の寿司屋さんも観光客相手に増えているようです。にわか寿司店が、多くお高い所が、多いとか 地元の人に昔から愛されているお店は高くでも安心です。私達はこのお店ともう一軒行くお店があります。

ここ小樽駅で今「石原裕次郎メモリアルル-ル」が有り裕次郎の関連品が展示されています。 ここ小樽駅4番ホームで24日から、今月末で閉館する小樽市築港の石原裕次郎記念館からの寄贈品などを紹介展示が始まってます。9月3日までの開設で、小樽ゆかりの裕次郎さんの写真や映画ポスターなど約200点を並べられています。

駅長さんに..?

岡山から来られたというお母さんと娘さんにお会いしました。記念館の閉館を聞き来られたそうです。相当な裕次郎ファンお気を付けて!とお別れしました。

4番ホ-ムは裕次郎ホ-ムとも言われて居るんですよ ちなみに小樽駅の駅舎側の4番ホームを「裕次郎ホーム」と呼ぶのは、1978年5月15日、このホームで石原裕次郎がNHK「北紀行」という番組のロケを4番ホーム(当時は1番ホームと呼んでいた)で行ったことがあることから命名されたそうです。実際に命名されたのは2003年6月17日の小樽駅開業100周年記念事業のときだそうです。 小樽駅の歴史の中にも裕ちゃん生きていますね

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top