レベッカ 時は流れ舞台裏にはお世話になった方々が

武道館。
知り合いの音楽関係者からの
電話。久しぶりに会わない?

思えば
偏差値70の高校生活。
人より優れていると思っていた自分の初めての挫折。周り中がライバルという環境の中で始めたのがバンドでした。わたしはボーカルベース兼任。
両親から猛反対されながら初めて買ったアンプ&ベースは今でも宝物です。あの時楽しかったから勢いで親が何を言おうと活動し続けた事が今の私の原点。

両親は外語大学、国立と色々な大学を出して来ましたが当時の私には全く興味もなくただただ友人とのバンドが楽しくて、ギタリストだった彼との交際も楽しくて毎日が充実しておりました。その後結局反対されて別れましたが、最終的に答えを出したのは私だったので後悔はありませんでした。

勉強?それなりにはしましたが親への反発と音楽にのめり込んでいったのでご想像にお任せ致します。笑

仮にもし
あの時両親の言う事を聞いていたなら
こんなにも色々な人たちに出会う事もなく
平凡な毎日だったでしょう。そして連絡も来なかったでしょう。厳しい親でしたので何故かいつも私の頰は腫れておりました。

『明日は明日の風が吹く』
この言葉好きです。

それは先々のことに対して無責任になれという事ではなく、必要なことは考えやるべき準備はしておく事が必要で、そして不安や焦りの気持ちも感じる多少の時間は要るにしてもこの不安や焦りの時間をできるだけ少なくすることが明日への余力を保つことになるもので不安で焦りに費やす時間を減らして、自分の好きな事が出来る時間を増やすことが心の健康の第一歩、そして、

本当の自分に戻って嫌な事は一切止めて本当に好きな事、やりたい事をして先ずは『自分を幸せにする事』が大切、自分が幸せな状態でない時は真の幸せを得ず人を幸せにする事なんて出来ないですよね。

長くなりましたが
これからも
仕事を愛すべきストレスとして
楽しもうと思います

まさかコピーをしていたバンドのお仕事を当時の仲間がしているなんてね!人生って不思議。それでも今思うと楽しそうで目がキラキラしていましたからね。誰が何と言おうと貫いた結果なのでしょうね。

追伸
私はまだまだ進化の途中ですが

澄んだ心はいずれ大きな何かを作りあげていく、という事です。それは長い長い人生の中で心地よい風に吹かれながら思い切り楽しい事をして作り上げられるもの。

もう少し
私には何かをやり遂げなくては
ならない事があるようです。
明日は明日の風が吹く.
久しぶりに出会えた仲間に感謝

そしてそれを気づかせてくれて
ありがとう<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top