そして誰もいなくなった(And Then There Were None)

 ・・・「そして誰もいなくなった(And Then There Were None)」・・・
 「テン・リトル・インディアンズ(Ten Little Indians・Soldier Boys→陸軍軍人、軍人、(将校に対して)兵士、下士官、主義などのために努力する闘士)」?・・・
 「ローレンス・ウォーグレイヴ判事」の気持ちが判らなくはない・・・
 「NK」の「キム」さんは「マイ ウエイ(MY WAY)」なんだか?、「YOU WAY」なんだか?、ダレのミチなんだか?・・・トランプも、今に誰もいなくなるって?、マザー・グース (Mother Goose) に訊いてみたい・・・「コント・ド・マ・メール・ロワ(ガチョウ母さんのお話)」、「伝説上の人物としてアヒル(阿比留・鴨・鵞鳥・ガチョウ)の背に乗ってどこへでも自由に飛んでいく老婆(魔女)」・・・
 「グースgoose(鴨)料理に使うベリーberry」、
 「ユキノシタ(雪の下=コジソウ=虎耳草)科の落葉小低木、グスベリ(グーズベリー・gooseberry)の訛り・セイヨウスグリ(西洋酸塊)・果実は食用・すぐり(酸塊)に似る・葉は掌状、3裂した葉腋下に棘がある」・・・
 「西洋酸塊=セイヨウサンカイ=整容サンカイ(山塊・山海・纂歌意・産科医・讃歌夷・賛歌意)?」・・・
 「サンカイ=簒会(改)」・・・?
 if(いふ→異附・移付・委付・言ふ)、
 「簒(サン)=竹+目+大+么=竹+目+一+ノ+ハ+ム=うばう・うばいとる・横取りする(簒奪・簒立)=古同字は篡字」・・・
 名前の由来
 「冬の雪下=雪下でも枯れずに残る
       白い花の下に葉がある
       中国名の虎耳草(トラのミミのクサ・コジソウ)は
       葉が虎の耳に似ている」・・・
 「古事(コジ)の叢(ソウ・相・捜・総・すべて)」?・・・
 「房酸塊(ボウサンカイ・ふさすぐり)
  =丸いを意味するクリ+酸味」
  =「レッド-カラント(currant・干し葡萄)」・・・

 ・・・そして「モモチャン」も、いなくなった・・・

 「テン・リトル・イン  ディアンズ
  天  理止留・寅(音)出意編夢事」?
 「Ten  Little Indians
  Soldier Boys=兵士、下士官
         主義などのために努力する闘士)」?・・・
ーーーーー

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top