温泉に癒される〜伊東 女子一人旅〜

都心は青空が広がっております😊
三連休 最終日ですね。

伊東

伊東温泉は別府温泉(大分県)湯布院温泉(大分県)と並んで日本三大温泉といわれ源泉数は750本を超え静岡県でも一番の総湯量を誇る温泉地です。歴史は古く、伊東温泉の発見は平安時代ともそれ以前ともいわれており江戸時代には3代将軍・徳川家光にいで湯を湯治湯として献上した湯でも知られております。

伊東は自分にとってのパワスポ。
定期的に伺っています。とにかくお湯との相性が最高なんです☀️
そして一人で伺っても、女将さんはじめ皆さんが快く迎えて下さるので、
ついつい甘えちゃいます。

秋風を感じながら
ちょと寂しいけれども、と言いたいところですが暑かったですね。真夏日でした。

昨晩の台風はやはり風が強く何本も木が倒れて怖かったんですよ!とスタッフの方が、そういうと風の音凄かったですものね。

135号線から見える
宇佐美の海。
天気も良いので遠くまで見えて
海も綺麗でした😊

源泉掛け流しのお風呂。
檜の香りに癒されます。

豪華です。

実は山葵が大好きなんです😊
お醤油は少しでOK!
御馳走様でした💓

一人旅は究極のひとり時間。誰かと一緒の旅だけでなく、一人の旅を楽しめるようになると人としての奥行きが出て来るような気がします。今日は好きな書籍を一冊持って参りました。川のせせらぎを聴きながらゆっくり過ごしたいと思います。

追記

人はあれこれ悩みながら自分の進むべき道を選びその先をしっかりと見据えて歩いて行きますよね。考えると祖母の時代にはそんな事はなく戦争を東京で経験し、友人の死をすぐ横で見たと聞いております。
そんな考える時間などなかったのではないのでしょうか。失敗しても立ち止まり考える事が許される。こうして時代が変わった事に感謝しつつ、そこに甘えすぎてはいけないという思いにかられながら。

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top