99:伊丹十三 『女たちよ!』

伊丹十三 『女たちよ!』(新潮文庫)
★★★☆☆

【Amazonの内容紹介】

日常の振る舞いにこそ、その人となりは現れる。
スパゲッティの召し上がり方、アルコールの嗜み方、
サラダの本格的な作り方、クルマの正しい運転法、
セーターの着こなし方、強風下でのマッチの点け方、
そして「力強く、素早く」の恋愛術まで。
体験的エピソードで描かれる実用的な人生論風エッセイ。
真っ当な大人になるにはどうしたらいいのか?
そんな疑問を持つ「男たち」へ――。

***************************************

「男はなんのために結婚するのか。ベッドと食事のためだそうである。
 ということは料理は結婚生活の五十パーセントではないか。
 世の奥さまがたには、今少し料理に情熱を持ってくれなければ困るぞ。」
 (P.161)

今、SNSでこれを書いたら炎上待ったなしだな……。

確か、雑誌で紹介されているのを見て読んだ本。
映画監督としての顔しか知らなかったのだけども、
もとは俳優だったのか……。
昭和43年発刊の本。
時代が時代であるだけに、
かなり男尊女卑な考え方がにじみ出ていて、
タイトルに反し、想定している読者は男性だと思われる。
共感できるところはほとんどなかったけれども、
筆者のこだわりや思想をかっこいいと思う人もいるのだろう。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top