瓢箪(ひょうたん)の研ぎ出し細工・・・下地作り作業で翡翠(ヒスイ)の様な輝きに!!ポリパテってすごい!!

東京都大田区で拓栄建設の社長やってます

瓢箪の研ぎ出しと言う塗装技法を使った
作品造りを楽しんでいます・・・

2個の試作品の製作をあれやこれや
色々な事を試しながら進めています・・が・・・

何せこの研ぎ出しと言う技法は時間が
気が遠くなるほどに掛ります。したがって・・・

本番作品の下地作りも平行して開始しました。

作業の始めは、瓢箪の肌をペーパー処理

次に穴や虫食い部分などに木製パテで埋め
全体に木パテを塗っては削り、塗っては削って

下地処理の基本作業を終了

次にポリパテと言う粒子の細かいパテで

又、塗っては削り・塗っては削りを3回
最後に1000番の紙やすりで軽くこすって
やっと下地処理作業が完了しました

下地処理が完了した瓢箪は

まるで・・・


翡翠(ヒスイ)の様な輝きが出ました(^_^)/

この上に塗装するのがもったいない位の輝きです

ガラ系の画像ではよく伝わりませんが(^_^.)

恐るべし・・ポリパテ!!

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top