いつかの思い出(高校通学編)

 高校の時、引っ越した先の家からは、

卒業までの半年間だけ自転車で駅まで行き帰りしていた。

駐輪場は、駅から少し離れたところにあった。

 冬の学校の帰りに、暗くなってから駐輪場まで歩いて行った。

目の前に、OL風の女の人がいてトロトロ歩いて邪魔だった。

駐輪場の入り口に着いてもモサモサしている。

 追い抜かす時に近くで見たらキレイなお姉さんだったが、

いかんせん遅すぎる。

フッ、どいてくれよ、ぐらいの目線で一瞥し、

自分の自転車を引っ張り出してまたがり、颯爽と夜の街へこぎ出した。

 家に帰るには橋を渡る。

まとめて開発されたわけでもないような町で、歩道がない道も多かった。

橋のたもとまで来た時、向こうから大きなダンプカーが曲がってきた。

避けようとしてダンプの反対側に右足をついたら、そこにはなぜか地面がなかった。

 暗いからよく見えなかったが、

個人宅の横の橋のたもとから川へ降りる古いコンクリート階段らしく、

結果的にはその頂上に自転車を倒したまま、

「うわああぁぁぁ」と叫びながら、

ダダダダダッと階段を勢いよく下までかけ下りてしまった。

 ようやく我に返り、なぜ自分は急に川のふちに立ってるのかわからないまま

呆然としていると、

上の方から長い髪の影が見下ろしてきて、

もったりした口調で「大丈夫ですか~ぁ?」

さっきのトロい姉ちゃんだ。

 無視するわけにもいかず、助けを求めようにも

よく見たら自分は無事で、さっさとこの階段を上って行けばいいだけだ。

しかし、さっきあれだけ邪魔だとかバカにしておいて、

こんなとこ見られて心配されて、今さらどんな顔して会えばいいのか。

なんてなさけないんだ自分。

 迷った挙句、とりあえずここから無事だけは知らせようと思い、

軽やかに手を上げて落ちついた声で「やあ!どうも。」 

知り合いかよ!!

 どうしてあんな川面の暗がりから、キザったらしい挨拶をしてしまったんだろう。

親切なお姉さんは上から無事を確認して去って行ったが、

彼女の中では、自分は夜道で奇声をあげながら

大急ぎでどこかへかけ下りて行った謎の人物だ。

こういうことをたまにふと寝る前に思い出し、恥ずかしさで寝苦しいので、

ここに書いて置いといて、自分からはあまり積極的に思い出さないようにしよう。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top