<韓国>李元大統領へ捜査進展の可能性 元国防相逮捕

<韓国>李元大統領へ捜査進展の可能性 元国防相逮捕

11/11(土) 22:58配信

【ソウル大貫智子】韓国の李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)両政権時代、国防相を務めた金寛鎮(キム・グァンジン)氏(68)が11日、軍のサイバー司令部を動員して不正に世論操作したなどとして軍刑法上の政治活動関与禁止違反などの疑いでソウル中央地検に逮捕された。韓国メディアは、金容疑者が不正に関して李氏に報告していた疑いがあると報じており、李氏への捜査が進む可能性が高い。李、朴両政権による保守政権9年間で積み重なった弊害をただす「積弊清算」を公約に掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足して約半年。支持率の高さを背景に、文政権は積弊清算に突き進み、検察も文政権の顔色をうかがう状態が続いている。地検は8日、金容疑者が李政権の国防相だった2010~12年、保守陣営に有利になるよう軍のサイバー司令部を使って野党批判を強める世論操作をしたなどとして逮捕状を請求。ソウル中央地裁は11日、「主要な容疑である政治関与について一定の証明がなされ、証拠隠滅の恐れがある」として逮捕状を発付した。検察はまた、世論操作のため司令部要員を増員する際、政権に批判的でないかどうかなどを基準に選別した可能性があるとし、職権乱用の疑いでも調べている。聯合ニュースによると、金容疑者は検察の調べに対し、司令部は北朝鮮の政治工作に対処する通常の活動を行っていたと主張。ただ、司令部の増員などについて李氏に報告したとの供述も行っているといい、李氏への捜査は不可避との見方が出ている。韓国ギャラップ社の10日発表の世論調査で、文氏の支持率は74%と高支持率を維持している。支持理由のトップは「改革、積弊清算」で14%だ。文政権を誕生させた市民による「ろうそく集会」が10月末、1周年を記念して再び開かれた際、参加者は「李明博を拘束しろ」とのプラカードを掲げた。こうした世論を背景に、検察の捜査は李政権時代の高官に向かっている。ただ、5年ごとの政権交代のたびに前政権高官を逮捕する手法に疲労感も出ている。特に、文政権は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を支持した人々が多く、李政権下の検察の捜査により盧氏が自殺に追い込まれたとの「怨念(おんねん)」があるとも指摘される。同じギャラップ社の調査で、文氏の不支持理由のトップは「過去を掘り返す、政治報復」が30%に上っている。

【関連記事】
• <元国防相を逮捕 李政権で世論不正操作>
• <米韓晩さん会 日本側のエビ反発は「予想しなかった」>
• <韓国大統領「日本は同盟相手でない」>
• <トランプ大統領DMZの視察断念 理由は霧>

・・・ 2017/11/12(日) 、毎日新聞 3:20 配信 より

私のコメント : 韓国 李明博、朴槿恵 両政権時代、国防相を務めた金寛鎮氏が11月11日、軍のサイバー司令部を動員して不正に世論操作したなどとして軍刑法上の政治活動関与禁止違反などの疑いでソウル中央地検に逮捕された。 李、朴両政権による保守政権9年間で積み重なった弊害をただす「積弊清算」を公約に掲げる文在寅政権が発足して約半年。その支持率の高さを背景に、文政権は積弊清算に突き進み、検察も文政権の顔色をうかがう状態が続いている。文政権は李明博政権(2008年2月25日 ~ 2013年2月24日)、朴槿恵前政権(2013年2月25日 ~ 2017年3月10日)と9年続いた保守政権時代の不正追及を進めており、今月11日には李政権で起きた軍部隊による世論工作事件に関与したとして、当時の国防部長官の金寛鎮氏を軍刑法違反(政治への関与)などの疑いで逮捕している。 李明博氏はバーレーン政府の招きで、バーレーンを訪問する。
…………………………………………………………
安倍首相の持病・潰瘍性大腸炎「完治でなく、薬でうまく抑えている」

世耕弘成官房副長官は23日、長野市内で講演し、「安倍首相は大変元気だ。スタッフの方がしんどくなる。首相はおそらく『日本を立て直すためなら死んでもいい』という思いで仕事に真剣に取り組んでいる」と強調した。首相の持病「潰瘍性大腸炎」に関しては「完全に治ったわけではない。薬でうまく抑えている」と述べた。政府高官が公の場で、首相の健康問題に言及するのは異例だ。潰瘍性大腸炎は厚生労働省指定の「特定疾患」で、2006年発足の第1次内閣では早期退陣の一因となった。首相は09年に発売された新薬を服用して政権復帰を果たした。・・・ 2016年1月25日 読売新聞 配信より

私のコメント : 韓国政府は、李明博政権(2008年2月25日 ~ 2013年2月24日)、朴槿恵前政権(2013年2月25日 ~ 2017年3月10日)9年 続いた韓国 保守政権時代の不正追及を進めており、その間、日本国内では、2006年(平成18年)9月26日、安倍首相は52歳で自由民主党総裁(第21代)、内閣総理大臣(第90代)に就任するも、2007年(平成19年)に第21回参議院議員通常選挙の敗北と、体調の悪化を理由に退任。その後、2012年(平成24年)9月、自由民主党総裁に就任、同年12月26日に内閣総理大臣に就任した、安倍首相は、2009年に発売された新薬服用され、政権復帰されている。

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top