ハッピーエンドの、出合いと絆?!OLまゆみの忌わしき「民間療法」

ハッピーエンドの、出合いと絆?!OLまゆみの

小林麻央さんの命を奪った忌わしき「民間療法」出合い系悪縁

 乳がんとの2年8カ月の闘いの末、天に召された小林麻央さん(享年34)。
病院での再検査を急ぎ、標準治療を受け入れ、命を奪うことになる忌わしき民間療法との出合い系悪縁を拒絶すべきだったのだが……。
★まゆみの英語会話教材 >>>
I should refuse the disgusting “therapeutic cult” which will hurry reexamination at a hospital, accept standard treatment and take the life…,….

 去る6月23日、市川海老蔵(39)が自身の舞台公演の合間に、しかも予定時間を大幅に超える20分を掛けて訴えたかったのは、幸福との出合いとは何かということだった。
例えば、麻央さんがよく話していた言葉について問われ、時に震える声でこう答えている。
★まゆみの英語会話教材 >>>
For example Mao is being asked about about the word about which I was often speaking and is answering so by the voice which sometimes trembles.

〈自分よりも相手のことを心配する優しさ。
(中略)
どこまでも自分よりも相手のことを思う気持ち。
これがね。一番多かったですね〉

 会見では出てくることはなかったが、心のうちに去来し、響いていたフレーズがあったはずだ。
★まゆみの英語会話教材 >>>
It has not come out at Aimi, but it has to have recurred over the heart and have been a phrase which was sounding.

 あの過ちを消すことができるなら。
あの日に引き返すことができたならば……。

 事実、麻央さんが昨年9月に始めたブログには、こんな記述もあった。

〈あのとき、/もっと自分の身体を大切にすればよかった/あのとき、/もうひとつ病院に行けばよかった/あのとき、/信じなければよかった〉(9月4日)

 ならば、彼女の病歴を振り返っておかねばなるまい。
★まゆみの英語会話教材 >>>
When it is, I have to look back to her case history.

Presented from ハッピーエンドの、出合いと絆?!OLまゆみの<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top