171116 避難民装う北工作員、水際で阻止…朝鮮半島有事 危険なのは避難民偽装だけじゃない

何も有事になってから、やってくるだけではありません。
すでに多くの工作員が内部に侵入してしまってますから
そいつらの武装蜂起や外部からの侵入を手引きする行動も
阻止しなければなりません。
いざとなってからでは遅すぎます。
特に日本の場合、一般人の危機管理、対応能力が…
有事に備えた想定がされてませんので、非常に危ういです。
警察や自衛隊任せ、だけではとても対処できません。
そうならない為には、日頃から近所の不審人物、集団に
よく注意を払う必要があるでしょう。
それはある意味必然的に日々の防犯対策にも繋がる事だと感じます。
街中に溢れる犯グル文字など要注意かもしれません。

以下引用

避難民装う北工作員、水際で阻止…朝鮮半島有事

 朝鮮半島有事で北朝鮮から日本に多数の避難民が押し寄せた場合を想定し、政府が検討している対処方針の概要が分かった。

 工作員ら危険人物が上陸するのを防ぐため、海上保安庁の巡視船が日本海で警備を強化するとともに、日本の港で厳格な受け入れ審査を行うことなどが柱だ。一時受け入れを決めた避難民は、臨時収容施設で保護する。施設の設置場所は九州が有力となっている。

 米軍が北朝鮮への軍事攻撃に踏み切った場合、政府は「北朝鮮から木造船などで数万人の避難民が日本に漂着する可能性がある」(関係者)と試算している。工作員やテロリストが避難民を装って日本に上陸すれば、在日米軍や自衛隊の施設、原子力発電所などの重要施設がテロなどで狙われる恐れもある。

引用終わり

実際、上陸されずとも
今現在も領海近辺での漁業など
非常に危険な状況にありますが
マスゴミは詳細は殆ど報じません。
何故でしょう?<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top