発芽揃い

今朝の気温については、前日よりも1℃程高目になりましたが、日中の最高気温そのものは25℃割って23℃(静岡気象台最高気温10時43分参考Data)となりました。わが菜園でも、朝の最低は16℃。最高は31℃(育苗管理ハウス入り口に設定してあるDigitalSensor・・・育苗管理ハウスは全開)となっていて、こちらも前日よりも3℃程低目になりました。

今日については、風の強さが前日程でなかったので、いろいろな面でプラスになりましたが、午前7時前からの潅水については結構忙しく、明日からについては潅水時間の早めの作業に切り替えなければならないものと思います。潅水時間が早まれば、乾く時間も早くなり、14時以降の乾湿状況のCheckも小まめに必要と思います。

今朝の9時の時点で、今日まで管理していた、ハウス早熟栽培の4月29日播き(ときわGTーⅡ)についても、すべて生産者のもとへ搬出されました。生育そのものは少し大きくなりましたが、この時期については、水稲の田植え準備も重なりなかなか思うように作業が進まないのが現状ですが、苗質そのものは確実に良くなっています。

そして今朝の一番は、昨日18時以降に保温や保湿もすべて外して、ポリシートのトンネルとヨシズ掛け。地温設定については、25℃として今朝まで管理しました。

朝の時点では子葉そのものは概ね培土からは離れていて、お昼の時点では子葉そのものもすべて上を向き開き始めていました。この時点では子葉の色つきなどはまだまだ乳白色そのもので、少しほど緑掛かっている状態でした。

ヨシズやポリシートの管理については、17時の視点ですべて外すことになり、18時の時点での判断については、明日については、午前中で確実に硬化は完了となります。18時の時点での目視については、ほぼ100%の発芽となりますが、明日のお昼の時点でどの程度かは確認しておきます。

接ぎ木については、6日の朝から始めて早ければ当日、もしくは翌日のPot挿しとなります。

2017年露地夏秋栽培5月28日播き

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top