雪が降ってもおかしくない時期になったのかな?

 今日は、「二十四節気」の第20節である「小雪」。

 「小雪」は十一月節、旧暦9月後半から10月前半でして、定義としては現在広まっている「定気法」では「太陽黄経が240度」のときで大体11 月22日ごろとされ、「暦」ではそれが起こる日ですが、天文学ではその瞬間とされています。また、恒気法では冬至から11/12年にあたる 「約334.81日後」でこちらは「11月21日」ごろです。

 「小雪」は期間としての意味もあり、その場合この日から、次の節気の「大雪」前日まででもあります。また、「西洋占星術」ではこの日から「人馬宮」。つまり「いて座」の始まりでもあります。

 去年は「11月24日」に東京都内で初雪」が降ったんですよね。今年も寒い事は寒いですが、まだ雪が降るくらいの寒さでは無いですから、今夜の雨が雪になる事は無いでしょうね。

 それでは、本日の登場人物は「雪」に関連しているこの方。「北極地域」の気象制御管理をしている「天元界 気象制御管理省 第三惑星管理室  北極支局 北極支局総合副局長 気象参謀」の「雪の精霊」という意味の称号「ニクス」をもつ「イリューシャ・ニクス・グランセリウス」さんです。「小雪」と聞いた「イリューシャ」さん、早速幼馴染の二人、「セルフィーヌ」さんと「リセルアーテ」さんに雪の催促です。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top