確定拠出年金(3)

選択性確定拠出年金とは?
確定拠出年金企業型は、将来もらうことになる会社の退職金制度の枠内にあります。選択制であった場合、確定拠出年金には加入せずに前払退職金として給与に上乗せして受けとるという選択肢もあるのです。
本来会社である企業が掛金として従業員の給与に上積みする選択金を、確定拠出年金に拠出して将来受け取るのか、それとも確定年金に拠出しないで今受けとるのかによって、社会保険料の負担が違ってきます。
選択制の確定拠出年金(401K)に加入した場合、捻出した分の給与は減額しますが、その分税金と社会保険料の負担が軽くなるメリットがあります。
選択性確定拠出年金とマッチング拠出の違い
マッチング拠出は確定拠出年金企業型の加入者が、会社掛金に自分で掛金を上乗せできる制度です。 マッチング拠出では、選択制確定拠出年金のように、給与を減額するわけではないので、社会保険料の削減ができません。ただし、自分で上乗せした掛金は、所得控除の対象となるため、所得税、住民税の節税はできます。
<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top