【小顔矯正】 痛くない怖くない小顔になれる小顔矯正

当院では30年の経験から痛くない怖くない顔を無理に押さえつけたりすることをしない小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をしていくときには 小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べることができます。

小顔矯正をする時に顔を触ってもらいますが顔の触り方に特徴があってしっかりとわかるようにしています。

しかし触り方がすごく簡単でもあり難しいので誰でもわかるわけではなく100%の方が顔小さくなってもわかるわけではありません。

例えばですけど小顔矯正を希望される方が100人来て100人とも顔を小さくしたのに分からない方が2から3パーセントのがいます。

同じようにしっかりと触ってもらっているのですが 100人来て2、3人の方が顔を小さくしても分かりません。

しかし後の97人ぐらいの方は顔を小さくしたら顔が小さくなったということが分かるので 人気があります。

当院の小顔矯正をしていくときの触り方は 両方の手首を顎の部分にくっつけて手のひらで顔全体を覆うようにして触ります。

顔を覆うようにして触る時に手のひらや指などが浮いたりしないようにできるだけ顔に密着させるようにするとよくわかります。

そして両方の手のひらを くっつけながら 左右差を覚えるようにします。

必ず顔には左右の違いがありますので左右の違いを覚えるようにするのが左右差という意味です。

例えばですけど右側が全体的に大きくて左側が一部分だけが出っ張っているとか。

この触り方ができて覚えていると小顔矯正をした後に顔が小さくなったのがしっかりと分かります。

当院の小顔矯正のやり方は院長が、じかに小顔矯正をしていきますので 痛くもないボキボキもしない顔を無理に押さえつけたりすることもなく顔を小さくすることができます。

しかし小顔矯正も一回で終わることはありませんので顔だけしても身体全体的なものを整えていかないと持続する力がありません。

持続する力がないということは戻り安く維持する力がないわけですけど体に多くの疲れやストレスが溜まっているとを戻りやすく持続力が落ちていきます。

維持する力はご自分の中にありますのでご自分の体調が落ちていたり 体に多くの疲れやストレスが溜まっていたり内臓の働きの低下などが起きていると持続力はなく落ちていきますので2回目からは顔だけではなく体の方も改善するようにして全体を整えていくという治療を始めていきます。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top