最新AR技術を駆使した新海誠作品・記念撮影スポットを体験

国立新美術館(東京・六本木)で「新海誠展『ほしのこえ』から『君の名は。』まで」を12月18日(月)まで開催し、連日たくさんの人でにぎわっている。同展は、新海誠のデビュー15周年を記念して開催され、『ほしのこえ』で商業デビューし、『君の名は。』を大ヒットさせた新海監督の15年の歩みを、貴重な制作資料を通じて紹介している。

そんな展覧会の最後に、AR技術を使用し『言の葉の庭』の作品の中に入り込んだような写真が取れる記念撮影スポットが設置され話題となっている。そこで、実際にどのような技術が使われているのかを体験してみた。

■ ARで『言の葉の庭』の世界へ!

『言の葉の庭』の美しい雨のシーンに自分が入りこめる、まさに夢のような撮影スポットだ。

モニターの前に立つと早速くっきりと自分が映し出され人物に雨粒がかかり、まるで『言の葉の庭』の世界に入り込んだように見える。今回”MITENE”(※1)という、人や形状を瞬時に認識して4K高画質のAR演出ができる最新システムが導入されている。

展覧会開始から同撮影スポットは連日行列ができるほど人気となっており、作品の登場人物であるタカオとユキノになりきって撮影するカップルや、撮影した写真をSNSに投稿する人が増えているそうだ。

4K画質(※2)で画像をダウンロードできるというのもポイント。綺麗な画質の写真をスマートフォンに残せる。

今回撮影に参加してくれた大学生の高嶋望和子さんも「新海誠展を訪れた記念にぴったり。友達ともう一度撮りたいです!」と大満足の様子。皆さんもぜひ、新海誠展を訪れた記念に『言の葉の庭』の登場人物になりきって撮影してみよう!(東京ウォーカー(全国版)・東京ウォーカー編集部)

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top