人的資本を失う若い女性達・・・

 現在価値の詳しい説明を

後回しにして、

人的資本のリスクを8%にすると、

65歳の定年まで働くサラリーマン(生涯年収3億円)

が入社時に持っている人的資本の価値は

1億3500万円になる

(入社時の年収250万円、退職時1300万円、

退職金3000万円で試算)

私たちはみな1億円を超える

人的資本を持って働き始めめるが、

労働市場から退出すると、

その価値はゼロになる。

大学を卒業して数年間働き、

結婚して専業主婦になると

1億円を超える人的資本を

ドブに捨てることになる。

それは経済学的にはきわめて不利な選択だが、

それにも関わらず日本では

専業主婦に憧れる若い女性が

多いのは驚くべきことだ。

日本の会社には定年制があり、

サラリーマンは一定の年齢に達すると

労働市場が退出し、その時点で

人的資本を失う。

このように人的資本は若い時ほど大きく、

年齢とともに減っていく。

   「臆病者のための億万長者入門」
               橘   玲 著

 「人的資本!」初めて目にした言葉

僕はその人的資本を手にした22歳の時、

しっかりとその人的資本を

最後まで全うしたのだから

自分で自分を褒めてやりたいと思う

予期せぬ事故や病気を経て到達できた定年退職

これこそ、神様に心からの感謝である

退職と同時に人的資本を失ったが、

以降、年金というありがたい資産を手にした

僕には扶養する家族がいなかったから

手当は何もなく

まるで独身者と同じ収入でしかなかった

でも自分で稼いだ分は

しっかりと年金原資を積み立ててきた

もちろんそれは自分の意思とは別だった

だから、年金資産を手にした時

これで死ぬまで贅沢はできないけど食いっぱぐれはない

こんなありがたい制度はないと実感

感謝の気持ちでいっぱいである

子供を二、三人世に出してこその

恩恵であるはずなのに

少子化の足を引っ張っている自分こそ、

社会に対する背信

これからは若い人への支援を忘れまい

       早起き鳥

人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top