自転車で通勤途中の事故の対応

 【ご質問】

 通勤途中に脇道から出て来た乗用車と衝突しました。転倒して顔面と肩を打ちました、車も徐行していたので怪我は大したことは無いと思っていましたが、一応相手の人と一緒に近くの病院へ行ってレントゲンを撮りましたが、異常は無いが2・3日様子を見た方が良いと医師に云われました。会社に電話したら通勤途中なので労災にするかどうか聞かれましたが相手の保険で治療をする事に決めました。大した怪我では無いのですが慰謝料等を請求する事が出来るでしょうか。自転車は潰れてしまったのですが相手の方が買って弁償すると云っております、事故に遭ったのは初めてなので何も分かりませんアドバイスをお願いします。

 【お答えします】

 交通事故でのお怪我にお見舞い申し上げます。自転車が全損の状態なのにお怪我が軽症だったのは幸いでしたね。お怪我の損害賠償に付いては相手の車の保険会社が、損害賠償の基礎に成って居る強制保険である自賠責保険を利用して賠償することになります。また自賠責保険には傷害の場合総額で120万円と云う限度額がありますのでその金額を超える場合は任意保険で補填する事になります。損害賠償は怪我の治療費は当然の事、通院交通費や休業損害や慰謝料も支払って貰える訳です。自転車に付いては傷害部分が自賠責保険の限度内で収まれば、保険料が次回の契約に影響しないので相手の方が保険料の事を考慮して自転車は自費で買って賠償すると云っているものと思います。

            (自宅の近くの池の畔から眺めた赤城山)

            

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top