A計画 其之三十四(中編其之一)

《 A計画 》 第34集(中編其之一)

王子のクソ兄貴への反撃が始まってから、ちょいワルな王子がカッコよくてドキドキして

キャプチャしまくりで止まらなくて(笑)画像も膨大になってしまったので

1集のレビューを3つに分ける…つもりだったんだけど…

1集の間に色んな事が起こって、でも待ちに待った反撃なので端折りたくなくて…

3分割ではまとめられなくなってしまったので、中編を其之1・其之2に分けさせていただきます

たかがドラマの1集をこんなに引っ張ってゴメンナサイね~

家に帰って来たクソ兄貴を曼妮はガン無視…

クソ兄貴が 「今日から君は爵士夫人だ…嬉しいだろ?」 って言っても

「あなたのお父さまが亡くなったからでしょ?あなたの功績じゃないわ…」 って冷たい冷たい…

そして、クソ兄貴の会社に乗り込んできた王子は、あくまでも拿拉曼先生としてクソ兄貴と接し

「賀氏が生前、馬弁護士に託した借金の証書だ、全部で15万HKドルある」…と借金を催促

「他に賀氏の会社名義と李先生からの借金もある…あなたは最大の債権者だ」 って言ったら

余裕をブッこいて 「没問題」 と言うクソ兄貴…

「問題ない?あなたは賀氏の会社名義で新しい船を買った、でも資金を思うように動かせない…

だから李先生に借金したんじゃないのか?」 ってクソ兄貴を追い詰める王子ったら

も~可愛い顔でイヤミな言い方しちゃって~

今でこそタムさまは、こういうイヤミっぽいワルはお得意だけど(笑)

まだちょっとウブさの残る、品行方正で優等生の王子が言うから、なおさら萌える~

王子が 「私の会計士があなたの会社の帳簿を調べた…友としてはこの件が世間に広まるのは避けたいが

返してもらえないのなら法廷に申し出る事になる…」 って言ってる所にクソハゲデブが入って来て

「彼女は拿拉曼先生を育てた乳母です」 と一人の女性を紹介

(これがクソハゲデブが言ってた 「拿拉曼先生が賀定国だと証明する 策」 なのか?)

王子の顔をまじまじと見る乳母…

それを見てるクソ兄貴はしてやったりの顔だったけど…

乳母は 「まぁ あなたなのね」 と王子に懐かしそうに近寄り、王子も 「蓮姐久しぶり」 と親しそう

焦ったクソハゲデブは乳母に 「本当に彼が拿拉曼なのか?」 って聞いたら

「当然よ!私が十数年育てたんだから!」 と言われて困惑…

ハイ~ クソ兄貴残念~(笑)王子の方が数枚上手だったな…ザマぁ(笑)

帰り際に 「賀先生は忙しい私のために懐かしい人を連れて来てくれたんだな」 って言う王子…

また目が笑ってな~い キャ~ たまら~~ん

王子が帰ったあとで 「ヤツがニセモノだと証明するんじゃなかったのか?どういうことだ

ってクソ兄貴にドッ叱られるクソハゲデブキモ男…ザマぁ (2回目(笑))

曼妮のクソ親父なんて 「弟に似てるけど、本当に拿拉曼なんじゃないのか?」 なんて言い出してるし(笑)

そこで叱られたクソハゲデブは 「じゃ、今度は遺伝学の博士に調べさせましょう」 って言ってたけど…

まだ馬車で移動してるこの時代にDNA鑑定なんてあったのか~?

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top