『タヒバリ・カシラダカ・タゲリ』を観察

            ◎更新日;2017.12.09 byかんとく
✰観察日;2017.12.07(木)09:50~13:40
✰観察地;涸沼自然公園
✰観察種;モズ、カシラダカ、シメ、アトリ、ホオアカを含む34種
 2017.12.07(木)撮影 涸沼自然公園
    
 (モズ)      (カシラダカ)   (シロハラ)    (ジョウビタキ)
    
 (シメ)      (タゲリ)     (ホオアカ)    (ツグミ)
 公園入口の芝生でセグロセキレイが餌を啄んでいた。桜並木付近でホオジロ、モズ、キジ♂、ウグイス(地鳴き)、シジュウカラが観察された。アジサイ広場の茂みでアトリ、カシラダカ、メジロが飛び回っていた。アジサイ広場から西門へ向う途中の葦原でモズ、ホオジロ、ジョウビタキ、シジュウカラ、アオジが姿を現した。葦原の上空をトビ、チョウゲンボウ、ノスリ、アオサギ、ダイサギ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、カワウが次々と飛び回っていた。わいわい広場~太陽の広場周辺ではシジュウカラ、エナガ、ヤマガラ、メジロ、キジバト、アカゲラ(鳴き声)、コゲラ(鳴き声)、シロハラ、シメが観察された。公園近くの耕作地でミサゴ、タゲリ、ホオアカ、タヒバリ、カワラヒワ、スズメが餌を探していた。
                         2017.12.09 byかんとく

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top