新幹線台車亀裂と低賃金の関係!

NHKニュース 12月21日  http://bit.ly/2Dl9JK7
新幹線台車亀裂 目視で確認されず 超音波検査を検討 JR東海
博多から東京に向かっていた山陽新幹線の台車に亀裂が見つかって問題に成っている。

本当に乗客の命が危機一髪でしたから。

それから飛行機等精密な部品を使っている特に乗り物の事故や車体などの不具合が見つかっています。
今までも多少有りましたが、最近特に多く感じられます。

雇用の仕方が変わって、非正規社員や派遣、アルバイトなどで不安定な働き方を余儀なくされている方が
増加しているからのようです。

同一労働同一賃金は当たり前のことで、保障も正社員と変わらないようにしないから。
好きで不具合を出すような仕事はしていないですけれど、人間何処か不公平を感じると、しなくても良い悩みが増えて
一瞬力が抜けることもあるでしょう。

適切な賃金を払わないから、劣化が進むと思います。

若者達は将来の不安も抱えているので、仕事をしても、希望が見えないので、疲れてしまうのでしょう。

政治家は選挙の前だけ有権者が喜ぶ事を言って後は適当にとばかり公約違反をします。

安く働かせすぎています。
日本人だけじゃ無くて海外から来る外国人にも低賃金で奴隷あつかいさせている企業があるようです。

政府が駄目だから雇うほうも適当に誤魔化しているのでしょう。

狡いことをしても何のお咎めもないから図に乗って悪事を続けているのでしょう!

賃金は働く対価なんですから、働いた分支払うのが当たり前です!

ストをしないから企業側は安心して低賃金ですませているのでしょう!
<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top