May YOUR course be with you. ~聖霊と私②

Patience you must have my young padawan.

忍耐強くならないとダメじゃ、若きパダワンよ

思いっきり 逃 避(バカんす) したので(笑)
そろそろ まぢめなお話を。

聖霊の偶像化問題(?!)同様
私がいま 気になってるのが
聖霊とこの私の “ カンケイ性 ” です。

タイムリーにも そこに気づかせてくれた
コメント(どうもありがとう!)を受けまして
アタリマエと見られる 視座からではない 
別角度から こころみましょう。

ACIMの学びの基本中の基本設定

 聖 霊(センセイ) ⇔ この私(セイト)

このカタチで 
“ ほんとうのわたしって何か ”
を学んでいくわけですが、
 
ACIMのこの「聖霊」っていう考え方
引きでみると ほんと よくできてる。

聖霊の存在があることで
この私っていう自己同一性(アイデンティティ)から
離れた視座がうまれる そこからの 視点 

 この私の 一つの見方だけでない(・・・・・・・・・・) 違う見方

を受け入れられる余地といいますか
視野が拡がりますね

それに じぶんの裡 こころのなかに
聖 霊(センセイ) をおくのも ポイントが高い。

私が知覚している 外のモノによらない(・・・・・・・・・)

行いの応え(レスポンス)  の主体 は 

常にこの自分なんだよ、
自分がヤッたから、自分でかえられる、自分がかえる

この自分であるために行っている、価値を与えている
この自分っていうモノへの「自覚」を助ける守護者でもありますね。

ここで生きてる この「私」

ずーっと イイことばかりじゃない
つらくかなしい困難な状況にあっても 
「私」を支える聖霊がいる

じぶんの裡にずっといるんだ、いっしょなんだって
思うと とてもこころづよいでしょう?

ここまでの認識
ACIMを学んでいらっしゃる方は
十分 ご承知のことと思います。

さて。

「ココ」からですよ、問 題(・・) は。

聖霊:マスター「ヨーダ」に再び ご登場願いましょう。

 
 Always two there are, no more, no less.
  A master and an apprentice.

  いつも2人、それ以上でもそれ以下でもない。
  マスターがいて見習いがいるんじゃ。

コレですよ、このマスターと見習いの関係性
ココですよ、コレ 

へたをすると
自我の特別な関係性に 変質してしまうんです。

自我にヤラレちゃった 結果のひとつが
さきほどの聖霊を偶像、
アイドルにしちゃうとこですね。

それと聖霊との関わりを逆手にとって なされる

聖霊と自我を 同一視する 混 同(マチガイ)

聖 霊(エゴ) ⇔ この私(セイト)

聖霊を口実につかい
この自分(エゴ)じしんである
信念を知らず知らず強めてしまえる、できちゃうんです。

「できちゃう」なんてモノじゃない
現に  私を含め ほとんどのひとが 

無自覚に(・・・・)  そうしてる(・・・・・)

かなり 深刻な問題です。
これは。

こうして この私じしんの想いと逆行する課程
エセーをずっと こころみてると 
じつに よく見えてきます。

この自我(ジブン)が危うくなると
聖霊の関わりに逃げたくなるんですよ(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)。

聖霊に この私がすべき役目を
やってもらいたい 押し付けたいんです。

聖霊と自分の役割を 逆転させたい(・・・・・・)のか

聖霊、聖霊っていっときゃ 任しときゃ
ACIM やってるーYEAH みたいな
この自分なんでもイケるゼ ヤっリぃー みたいな 

    ↑     ↑     ↑

こうゆう分かりやすい おめでたい自我(ヤツ)は カワイイ方
実際は もっと 巧妙に仕掛けてくる
この自分じしんのウィークポントを 上手に突いてくる

 だから あっちこちで 
 流通してるACIM学習法なんて 汎用のハウツーみたいなモノ 
 ある程度までしか 効きませんね。

 だって ひとりひとり 自我のカタチは 
 ここじゃ 違うでしょ?

 なに ヒトが作ってくれる 自分(アイデンティティ)なんかを 自分にしちゃうのさ???
 なに ヒトを抱き込んで 自分の承認欲求のコマにしちゃうのよ???
 
 なんで その程度な自分で満足しちゃうの???
 なんで ヒトに認めてもらわなきゃいられない その程度な自分にするの???

 同じことを違うコトバで アレだけ ウザイくらい
 くどくどくどくど イエスの兄貴が ゆってるのに
 
 ナニ まだ ほかのヒト巻き込んで そんな 
 ムダな悪あがき ヤるかね ほんとにもう(笑)

 この私を 生きてる
 この自分が やらなきゃ

 
 対自分(エゴ)の 効果的な治療法は 
 自分じしんで 自分じしんが生み出さなきゃ
 時間のムダだし 学ぶイミ は

 「ナ イ」

聖霊との関わり

この 関わり関係性による あり方って
ある種の「カラダ」なんです

 マスターがいる(ある)から 見習いがいて(あって)
 見習いがいる(ある)から マスターがいる(ある)

「カラダ」属性、ようするに
 
 自分自身を 
 物化、制限、固定 してしまう あり方なんです。

関わりとか 関係性ってのは。

ですから 使い方を すこしでも誤れば

全一、不可分であるはずの ほんとうのわたし「スピリット」を
識る学びから遠ざかるし

分離分割されたモノとして 
自我「カラダ」な自分じしんを 増強させてしまう。

無自覚につかっていいモノじゃあないんです
ほんと 聖霊ってゆう 言葉なんてモノは。

かなしいかな 必要悪 なんです、
聖霊との関わりってモノ自体が、もう。

非カラダなこころ と カラダで 
なってる 自己同一な この私ですよ?

ACIMのテクストで多く説かれる
視覚に関するコトバをよく

   「 省みて。」

ACIMのコトバ メタファー「  喩 /  喩 」は

 この私が「見る」、「見える」モノ

 コノ見えてるモノが生じている
 コノ見えてるモノから生じてる
 コノ見えているモノと対にある 
 
 この私が「見えない」「見えていない」モノ

 見えるモノで誤魔化され
 隠してしまった 隠されている暗部 

ソノモノを
 しっかりみなさい、見究めなさい
 

という風にも 理解できませんか?

「あちらを立てればこちらが立たず」
 諸刃の剣なんですわ

聖霊だろうと神だろうと
真実も真理も いえる、分かるモノなんて

ぜーーーえんぶ 
この私 この私の世界の モノなんだから皆(泣)

ですから「赦し」のレッスンなんでしょ?

固定観念、 制限(した / された)見方
ナイものをアル「物」にして
これに依って 出来ちゃったマチガイ

隠れてみえない 過ちの根源 ラスボス(?!)

 この自分じしんを
 しっかり「観る」ためのレッスン

なんですよね?

手ごわいですよ、実に手ごわい
どおしてくれよう 
フザケやがった この事実 💢

だって この私の
敵も味方も 「この私」
私じしん なんですモノ

ですから「赦し」のレッスン

「もう一度、選びなおしなさい!」(T-31.Ⅷ)なんですよ。

くぅーー、ほらまた
兄貴に一本取られたー。やられたーorz

聖霊と私の関わり

観れば観るほど
どうです、奥が深いでしょう?

簡単に分かる
分かってしまえるような
チャチな教えなんかぢゃあ
味わえないでしょうね この面白さ。

この私の見方以外にも 
もっともっと べつな見方があるはず。

できるはずですよ。
できますって。

どうぞ ご自身のありようを
よーくみつめて

新たな発見を 「ご自分」で
確かめみて 学んでくださいね。

見つけたら 
教えてくださいね。

 Many of the truths that
 we cling to depend on our point of view.

  我々がしがみついてる真実なんてものは、物の見方次第なんじゃ。

だから 

 Always pass on what you have learned.

   自分の覚えたことはいつだって人に伝えるんじゃ。

って ますたーヨーダが いってますから(笑)

↓ メシアン「幼子イエスに注ぐ20の眼差し」より 10. 喜びの 聖霊の眼差し ↓

[embedded content]

こんな ゆかいな ワケわっからん 聖霊もいますからっ(笑)
でも 聴けば聴くほどクセになる~

       

レポート「カラダカクカタリキ」で
お伝えしました通り

私は 聖霊も、聖霊との関わりも
固定なモノじゃない
流動的 流れとして みておりますので

こうして 私の言葉を読んでくださる
貴方にとっての 仮想現実(バーチャルリアリティ)な

「この私」は

貴方が見たい姿(カラダ)を 見せたと思ったら
翻って 見たくない姿(カラダ)を見せる

トリックスターのようなモノ。

で・す・か・らっ
こんな私を あてにしちゃーいけないわよ (笑)

 みるべきものは  
 貴方(わたし)じしん。

ソレだけは お願い、
どうか間違わないでくださいね。

May YOUR course be with you!
「貴方じしんのコースと共にあらんことを」

大風呂敷を広げた 
自分が畳むべしっ!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ACIMへにほんブログ村

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top