転載: オキシトシンが不足すると精神疾患になる。

転載: richardkoshimizu’s blog

オキシトシンが不足すると精神疾患になる。 作成日時 : 2015/03/12 09:22

http://rkblog3.html.xdomain.jp/201503/article_75.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」    

近世、ヨーロッパではキリスト教的倫理観から「子供を作る目的以外の性行為」は悪であるとの刷り込みが行われた。女性は、それにより束縛され性的行為から隔絶された。そして、多くが発狂したのだそうです。

なぜ発狂したのか?人との接触で分泌される脳内ホルモン、オキシトシンが決定的に欠乏したからではないでしょうか?オキシトシンが足りないと、セロトニンが生産できない。セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患が発現します。

そういえば、精神疾患を持つ方はほとんど「性欲」がないと聞きました。

上掲の最初の画像は精神疾患に陥った女性に対する精神科医師の「治療」の模様であるとのこと。これで「回復」したそうです。2番目の画像はご愛嬌です。

「倫理観」を否定はしませんが、人類の健康はもっと重要であると思います。精神科の治療には、人や動物との触れあいが不可欠なようです。

高橋徳先生の著書をお読みになってください。

——————————–
richardkoshimizu’s blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
——————————–

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top