年末年始の出費を抑える5つのポイント

■年末年始に財布が空になってしまう人必見!お金の残し方
年末はボーナスや年末調整などで収入が増える反面、年末年始のイベントと外出で支出も増えるものです。稼いだ分、使ってしまっては何も残りませんので、上手に支出をコントロールし、少しでもお金を残すようにしましょう。

■ポイント1 予算を立てる
年末年始のイベント費の予算を立てましょう。忘新年会、クリスマス、正月用品、お歳暮、年賀状、お年玉、帰省、初売り等、年末年始は普段以上にイベントが多く支出が増えます。毎年の事なので、いくら位かかるか思い出し、予算を立てておきましょう。

■ポイント2 メリハリのあるお金の使い方を徹底する
項目ごとに予算を立て、必要な金額が算出できたら、そのお金をどこから出すのか、決めておきましょう。ボーナスが出る家庭ならボーナスを充てるケースが多いと思いますが、ボーナス全額を充てるわけにはいきませんので、普段の生活費を切り詰め、年末年始のイベント費に充てる事が必要になるでしょう。イベントでお金を使う分、普段の生活は質素に過ごすといった「メリハリのあるお金の使い方」が求められます。

■ポイント3 外出を控える
年末年始はボーナス商戦や初売り等で購買意欲をかき立てられる罠がたくさん仕掛けられています。基本的には多くの人が、行動心理学を駆使した営業戦略にのせられついついお金を使ってしまうものです。(そもそも、そのようお店な戦略にのせられない自信がある人はこの記事にたどり着く事はないでしょう)

だからこそ、デパートやショッピングセンターといった場所に行く事は控え、どうしても行く必要がある時には買うものをメモし、先に必要なモノだけを買うようにしましょう。必要なモノを先に買えば、購買意欲もある程度満たされ、財布の中のお金は減りますので余計なモノを買う気持ちが抑えられます。

■ポイント4 自宅を片付け&掃除し、在庫を使い切る
片付けや掃除をすると、使い忘れていた物や不用品を見付けることがで きるでしょう。使えるモノは使い切り、冷蔵庫や食品庫の中を整理すれば、何食分かは食事ができるのではないでしょうか。また、不用品で売れるものはオークションやリサイクルショップで売りましょう。

自宅を片付け、掃除をすることで、無駄なモノにいくらお金をかけてきたか反省もできます。一生懸命働いて稼いだお金で買った物を無駄にしていた、捨てる羽目になった……そのような失敗経験を繰り返すことで、消耗品にかけるお金をコントロールできるようになっていきます。

■ポイント5 コンサートや美術館、博物館、図書館等、感性を高めよう
この時期、ショッピングセンターに行く事は財布に穴を開けることになりますが、自宅に引きこもってばかりいても、エアコンやストーブといった光熱費が高くつきます。外は寒いので、室内で、かつ低コストで過ごせる美術館や博物館、図書館などは冬には持ってこいの場所です。他にも年末は質の高いコンサートが開かれる事も多くなります。このように知的好奇心や感性を高める「経験」に時間とお金を使うことは、一生捨てる必要のない経験となり人生を豊かなものへと導いてくれます。

二宮 清子

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top