NEDOが今年度のビジネスマッチング会の予定を発表

実力派のエネルギーベンチャーが独自の技術を披露

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)は12月28日、平成29年度のビジネスマッチング会の予定を発表した。

NEDOはベンチャーや中小企業向けにエネルギーの技術革新を支援する事業を推進しているが、このマッチング会では、NEDOの採択を受けたベンチャーや中小企業が、事業におけるこれまでの成果を披露する。

太陽光発電をはじめ、燃料電池や蓄電池、バイオマス、風力発電その他の分野で革新的な取り組みを進める9社が、プレゼンテーションと展示ブースでNEDOの支援事業から生まれた製品や技術を紹介する。

エネルギーの技術支援だけではなく、事業化も後押し

会場は東京と大阪の2カ所で、東京会場では2018年2月9日(金)、大阪会場では2月22日(木)に、9社がそれぞれのプレゼンテーションを行う。参加費は無料だがネットから事前の申し込みが必要だ。

NEDOのマッチング会はベンチャー独自の先進的な製品や技術を、エネルギーに関心が深い企業に紹介し、事業化の後押しをする。そのため、個別に面談や打ち合わせを行える商談スペースも用意されている。

(画像はNEDO公式ホームページより)

▼外部リンク

NEDO リリース
http://www.nedo.go.jp/events/CA_100154.html

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top