夕暮れ研究家と日本代表

 日本代表はイラクに引き分けてしまいました。なんとなく勝ちきれない気はしていましたが、後半のみんながくたびれた時に、ついつい失点してしまいました。ザンネンでした。

 とはいうものの、最後の5分くらいはみんなクタクタになっているのに攻め続けましたから、よく頑張れたのではないかと思います。ただ精度というところで残念な結果になりました。次はホームでオーストラリアと対戦するということです。昔ほどのしぶとさがないので、勝つことができるかもしれませんが、少し不安です。

 本田くんは頑張っていました。永友・吉田・川島、2010年に決勝トーナメントに進出したときのメンバーたちはがんばっています。でも、そろそろ代表から引き下がる期限が迫っている人たちもいるみたいです。

 新しい力はどれくらい育ってくるのか、ずっとアジアナンバーワンでいられるわけはないので、新しい人たちを育て、引き抜きしていかないといけないなと思います。

 まあ、みんなが思っていることをまた書いてしまった。つまんないの。

 夕暮れ研究家って、私のことでした。研究というよりただのあこがれですね。きれいなものを見ていたいだけです。だから、どんなに家に帰りたくても、せっかくの夕暮れだったら、クルマを止めてしまいます。

 そこにいることがありがたいことなんだから、その有り難さをかみしめてみたいのです。

 たいていカメラは持っているので、それを写真に収めてしまいます。

 晴れた日はカメラを持っています。梅雨なんだけど、空はあいかわらずキレイです。そうだ、ようやく黄砂みたいなのを忘れる日々です。放射能や化学物質は落ちてきているだろうけど、あまり気にはなりません。もう、仕方ないのかなと思う。

 今日、青とピンクがきれいでした。

 昨日は、赤がとてもキレイでした。あの空の向こうに、大阪とか西日本があります。そうだ、実家の母にも長い間電話もしていないし、大阪にも行ってないです。忙しかったもんな。土日もずっとお仕事でしたし、母に電話しなくては! 明日することにします。<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top