皇室擁護論者の単細胞に捧ぐ 《転載ご自由に》

  クリックをお願いします。

遠藤健太郎さんという方のブログで、BBが工作員と言われているそうで、何の工作なのか解りませんが、とりえずお答えしておきます。

読者の方たちからは、相手にすることはないと言われしばらく放置していたのですが、思えば遠藤さんの批判文というのは、コメ欄に現れる批判文の集約みたいなもので、一度一括してお答えしておいたほうがいいのかな・・・と。

以前、あんまり紋切り型の批判コメントが続いたので、その代表格のようなコメントを記事に転載、逐一お答えして以降その種類のコメントは影を潜めたこともあり。

それにしても、拙ブログ批判の4大特徴を遠藤さんの文章も備えています。

1 論理の整合性に欠ける。

2 レトリックが稚拙で破綻している。

3 語彙の乏しい悪文。

4 記事の「どの箇所が」「いかなる理由で」間違いなのか、論拠を上げての具体的指摘が皆無。漠然とした決めつけレベル。

以下、遠藤さんのブログからの転載。色文字がBBの割り込みです。

http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4828/ 

作家の百田尚樹氏のお話はともかく、杉田水脈前衆議院議員の発言に注目してください。テレビ朝日系の自称・討論番組「朝まで生テレビ」での、国際政治学者の三浦瑠璃さんとのやりとりについてです。

 杉田前代議士「今上陛下
 三浦さん「今上、今上」「今上が正しい。今上陛下という言葉は間違っている。『今上』に『陛下』をつけると二重敬語になる」
 杉田前代議士「ああそうですか。(疑問に思いながらも)私は知りませんでした。勉強になりました」
 後日、三浦さんは自身のツイッターに「杉田水脈は、保守のくせにそんなことも知らなかった」とつぶやく。本当は「今上陛下」が正しい。

 杉田前代議士も三浦さんと同じ話術(手口)で、自信のない(或いは確たる証拠もない)ことでも大いに断定的な話し方で相手をいい負かすだけのように反論すればよかったのです。

 しかしながら討論にもならない番組で収録直前、漫画家の小林よしのり氏に「今度またお酒おごってくださぁい」なんぞと場末のホステスばりに猫なで声を出すような莫迦を相手に、不毛な争いを演じたくなかった心境はお察しします。

 三浦さんのいったようなことを、自信満満のしたり顔でいってくる人は確かにいます。特に近年、皇室に関連することで出鱈目を吹聴してくる輩が増えているのです。

BB 三浦某の言葉と、BB記事を並べて同類項でくくるには無理があります。
そうなさりたいのであれば、BB記事のどこが今上陛下を、今上というべきという三浦さんの誤認識に該当するのか、それを述べないと批判にはなりません。BBの誤認識とは、どの記事のどの箇所で、あなたがそれを三浦レベルの無知から来る誤認識と断定するゆえんを、お示しください。

まして、文の帰結に上記の内容を繰り返しているのだから、文章の枕として末尾との整合性をつけませんと。

お尋ねします。拙記事の「どの箇所が」「いかなる論拠で」間違いですか?

それを指摘せぬままの一方的裁断はあなたが、三浦某と同類です。

 報道各社が「報道しない自由」を振りかざし、インターネット上で情報をとる人が増え始めたのに乗じ、そこにこそ「真実がある」と見せかけて嘘八百を並べ立て、時には皇族の御尊影(御写真)に思い込み全開の説明文をつけて喧伝する手口は、まさに大東亜戦争中の南京市陥落に「南京大虐殺」の解説をつけてばらまいた反日(対日ヘイト)工作と全く同じではありませんか。

BB これも具体的にご指摘ください。どの画像ですか? BBが「思い込み全開」でキャプションをつけたとおっしゃる画像は。

ちなみに、南京大虐殺の画像は、本来関係のない写真を南京と偽って提示したり、人為的に手が加えられた捏造でっち上げ画像です。

BBが提示した皇室画像の、どれが皇族と無関係で、どの画像にBBが意図的手を加えていますか?

全く身に覚えがありません。

 ところが、これにやられてしまう保守派がかなりいるようなのです。あたかも「保守派は皇室の現状から目を背けている」とまずはじめに叩き、真実をこそ知らなければ「日本を守れない」とかまして、出鱈目な書き込みを垂れ流していくという手口で、巧みに中共や韓半島(朝鮮半島)と皇室を絡めて読者を陥れていきます。

BB 「あたかも」は、どの文節にかかるのでしょう? あたかもが宙に浮き、あたかも中学生の作文のミスレベルのようなのですが? 塾の国語の講師であるという情報は間違いなのですか?

「出鱈目な書き込みを垂れ流していく」とプロパガンダしながら、さて拙記事のどの箇所がいかなる理由で出鱈目なのかを具体的に述べなければ、遠藤さんあなたの文章こそ実体のない空疎なプロパガンダ文ですよ?

中共は韓半島と、どのように「皇室を絡めて」「読者を陥れた」か、あなた具体的に述べられますか?

述べられるのだったら、どうぞお示しください。間違いなら改めるし、あなたが誤読なさっているのなら、指摘させて頂きます。

 これには、皇室に対する下衆の勘繰りを喚起させるだけの「のぞき趣味」的な面白さがあり、またそのような話し方・書き方こそ優れたものがほとんどで、反日工作を疑うことなく、それを「工作だ」と指摘した者に対して、すっかり毒された人が「あなたは分かっていない」と反論し、もうその工作の受け売りを並べ立て始めるのですから、極めて悪質です。

BB だからその「悪質」の中身をきちんと書いてください。「工作だ」と指摘したコメントって、どれですか? それに対して、「あなたは分かっていない」というごとき稚拙なコメ返しをした記憶は、いっさいございません。

「下衆の勘繰りを喚起させる」とはまた悪文で、「のぞき趣味」も的外れの比喩です。作文力のほうはさたおくとしても、ここまでの文章全て、具体的指摘皆無で選挙カーの連呼的空虚文です。大声で呼ばわるばかりで、中身無し。

天皇の  は、皇祖神とつながり国家と民との安泰と繁栄を祈ることにありますが、これに対して異論はおありですか?

 先日、人気ブログランキングの上位(十位以内)に突如二つの、その類いのブログが食い込んできたことを某氏から知らされました。念のため確認してみますと、絵に描いたような工作ブログでした。

BB どこが「絵に描いたような」「工作」なのでしょう? 何の目的で?

たとえば、皇后陛下のご実家正田家はGHQとアメリカ産小麦粉利権で癒着していたのですが、これは単なる事実です。調べてください。
それでもなお工作とおっしゃるのなら、正田家がGHQと関係はしていないという事実と論理で述べられな限り、あなたの文こそが拙ブログを貶める工作文だ、という論理はお解りでしょうか?

 今上陛下御譲位騒動が創出され、

BB 創出されたのは、今上陛下ですよ? 創出という言葉の置き方もこの文脈では座りが悪いですが。

元々、占いカテゴリーにいた悪質な占い師批判を揶揄しながら始めたお遊びブログが前身で、これは旧い読者さんは知悉しています。

そのうち政権交代で民主党の酷さに仰天して、日韓問題に足を踏み入れるようになり、やがてこの日本という国を考える時、皇室を抜きに語れない事に気づき、日本という美しい扇の要に天皇陛下がおわす、と過去記事に述べてあります。
祭祀の大切さと共に。

そして、今となっては恥を申せば皇后陛下賛美の文章もあり、それは削除せずそのまま正直に置いてあります。

いきなり皇室批判を始めたわけではなく、ずっとBBの思考展開を追ってきた読者さんたちはBBが「工作」などとは最も遠いところにいる、そういう意味では愚直なまでに正直なブロガーであることをご存じです。

文字通り、試行錯誤しながら真実に目覚めるまでの「覚醒記録」なのです。ひとつふたつ記事を眺めただけで工作呼ばわりは笑止。
我が身を振り返られてはいかが。実質の伴わないレッテル貼りを行う者をこそ、工作員と言います。

あなたが、その恫喝の言葉の中に街宣カーを持ち出して逮捕されたという、その該当学校の教育方針はBBもおそらく唾棄すべきものと想像します。

似たような、日教組による左翼教育をどれほどBBが弾劾し、今も糾弾し続けているか過去記事の累積を御覧ください。

どこのいかなる「工作員」ブロガーが、日教組や中韓を倦まず弛まず批判し続けますか。

現行典範(占領典範特例法の議論が出始めた(のちに可決)時期に符合してこの手の工作が活発化することは、予想されたことですが、どうか皆さんお気をつけください。

BB 特例法とBBブログの関連性って何ですか? 皇室批判は特例法のずっと以前から具体例を上げ、逐一検証してアップしています。

特例法は、天皇陛下による憲法違反を安倍内閣がなんとか露骨に見えぬように提示した苦肉の策です。

ここでも、あなたにお尋ねします。

生前退位が憲法違反ではない、というのがあなたの主張ならその論拠をお示しください。

全体の文章に言えることですが、あなたがある1件につきいかなる立ち位置にいらっしゃるかも明らかに示さず、ただ皇室を批判するものは工作員であるという決めつけ。これは北朝鮮のメンタリティです。

正田美智子さん入内の頃の国会は、もっと皇室に対して直裁であり率直で、熾烈な批判が当時の皇太子にぶつけられ、美智子さんの入内に関するいかがわしさが、開示されています。

現在のように内部に忠臣の諫言も失せ、皇族への罰則もない状態でのやり放題は、天皇の歴史上初めてのことです。

敗戦という日本にとってのネガティブな意味でのepoch-makingな出来事が皇室を、そしてその頂点におわす天皇陛下を変質させてしまったというその事実を直視できぬ者は、皇室弱体化を狙ったGHQの思惑の手のひらで踊らされている痴れ者です。

 このような惨劇が繰り広げられる原因は、まさに現行典範が「占領典範」だからであり、

BB 「惨劇」という言葉の語感もお解りでなくお使いのようですが・・・・典範の依所たるGHQ憲法については、さんざんBBの過去記事で述べ、糾弾していますよ?

憲法を持ち出されるなら、あなたに再度お尋ねします。

GHQからの押しつけ憲法を《平和憲法護持》と主張なさっているのは、他ならぬ天皇陛下ですよ? それに準じて皇后陛下、皇太子殿下です。

憲法改正へと舵を切る安倍総理を蛇蝎視していらっしゃるのも、他ならぬ天皇皇后両陛下です。

あなたが憲法改正論者でもしあるのなら、そのかたわら憲法改正反対の天皇陛下への擁護は、基本的二律背反です。
ダブルスタンダード。

上記について、あなたはご自身の論理に整合性がつけられますか?

つけられぬのなら、あなたは言論上のswindler、con manです。お答えください。

正統典範たる皇室典範を天皇陛下に御返ししなければならないことにすら多くの国民が気づかされていないためです。芸能人をめぐる醜聞と同列に皇族を扱いはしゃぐ報道に既に騙され、その感覚のままインターネット上でも騙され、真実でも知った気にさせられる日本人こそが皇室(日本そのもの)を潰してしまいます。

BB その奇抜なとっかえひっかえの衣装、これみよがしのモデル立ち、整形など、皇族の芸能人化の発端は、入内以来皇后陛下がお作りになって来たことです。

女性自身、週刊女性、女性セブンなど、皇后陛下と雅子妃を美しく謳い上げ、芸能人扱いしている女性誌の編集部が軒並み安倍政権アンチの左翼であるという現実を見据えましょう。

ことは順逆であり、皇族の言動が軽くなって来たから芸能人のように書かれるのです。

昭和大帝と香淳皇后への、ないしは秋篠宮両殿下への筆致は皇室批判ブロガーも敬意を込めています。

皇室批判ブロガーとざっくり一括しましたが、これもブログの方針通り「是々非々」であり、過去には皇后陛下のあたたかいお手紙の文言や、養蚕などに感謝と敬意の拙文を寄せています。

 仮にも「私の気に喰わない皇族」という御存在がおわしたとして、それが何だというのです。現行憲法(占領憲法)に毒された「自分主権」で国家を潰されてはたまりません。皇室に対し、国民の人気投票でもする気ですか。

BB 「気に食う。食わない」という幼稚な理解をなさっているから、具体的な批判が出来ぬままの空疎文に終始していらっしゃるのでしょう。

好き嫌いを価値基準に書いているなら、まさにあなたの文章のように具体的指摘もないまま、ただ悪口レベルの文章の羅列であれば良いこと。何も手間ひまかけてGHQと正田家の関わり、それに先立つルーズベルトのOSSなど煩瑣な調べ物などしません。

天皇のraison d’etreが祭祀にあるなら、祭祀の行えぬ皇太子の即位を批判することが「好き嫌い」ですか?

皇后陛下の、捏造慰安婦や韓国人に寄せる過剰な言動を、また元GHQベアテ・ゴードンに送ったエールを、A級B級戦犯呼ばわりへ抗議するのが「好き嫌い」ですか?

皇后陛下の「九条の会」への肩入れにもの申すことが好き嫌いですか?

あなたが、皇后のその行為を容認するなら、あなたには憲法改正を主張する資格はありません。

 敢えて申しましょう。あなたが好きか嫌いかなんぞ皇統に何の関係もしないのです。「いや、多くの国民が嫌うような天皇は」などといい出す人は、

BB 「誰が」BBブログの「どこで」好き嫌いで論じているか、ご指摘ください。

天皇陛下を国民の意思でどうにでもできるとした占領憲法第一条の最大の護憲売国奴であり、

BB だからその最大の「護憲派」が天皇皇后両陛下でいらっしゃいますよ?

お誕生日談話で憲法護持に触れられ、戦後の知日派米人に感謝とまで述べられたお言葉は、宮内庁のHPで確認出来ます。

憲法改正には、自衛隊の国軍化が明記されて然るべきですが、その自衛隊を嫌悪なさり、自衛隊の士気を阻喪させていらっしゃるのが、天皇皇后両陛下です。両陛下のお目につかぬところにいろと指令を受けた自衛隊員の落胆の様など具体的日時と場所を添えて、書き込みも見受けられます。

政府専用機は自衛隊の管轄ですが、両陛下がお使いになる時自衛隊員の姿は、いっさい写されません。

両陛下は現行憲法を大切に思われ、自衛隊を忌避されています。

自分の心が揺らいでいることに対する無意識領域の強烈な不安を、他者を攻撃することで消化しているだけです。

BB これまでの文脈となんら関係のない唐突な記述に、失笑を禁じえませんが、これ実は遠藤さん、あなたご自身の心情の投影ではありませんか? 敗戦以降の天皇皇后の変質のさまを、あなたは見ないように、聞こえないようにしながら、でも「何かが変だ」ぐらいには、気づかれているはず、普通の知能をお持ちなら。

その無意識領域の強烈な不安を、他ブロガーを罵ることで消化しているのがあなたです。

 これだけは「保守のくせにそんなことも」どころではすみません。

三浦という愚かしい女性を頭に持って来たのに、これが結論なんですか? 論理が破綻していることに、気が付かれません?

第一「保守のくせにそんなことも」は、杉田水脈氏に向けた三浦なにがしの批判の言葉ですけど? それとBBが「保守のくせにそんなことも」となる奇天烈なコンテクスト。駄文ですね。これで塾の国語講師ねぇ・・・?

保守のくせにを援用するなら、保守のくせに街宣車を持ち出して左翼教師への恫喝など、朝鮮右翼です。

大阪難波街宣 遠藤健太郎 H210627 HD [embedded content]

韓国が竹島を返還しない限り、《友好》など画餅である、というのはBBが昔から唱えていることだけど? そこは遠藤さんと全く同意見。

GHQによる押し付け憲法改正も、BBが延々と述べ続けているところ。

唯一、遠藤健太郎さんとの意見の相違点は、というより見解の差は、平和憲法護持をそのお誕生日談話でまで訴えられている今上陛下の政治関与を直視している点です。

遠藤健太郎さんは、皇后陛下の「A級、B級戦犯」ご発言を、どのように擁護なさいますか?

今上陛下を無条件崇拝なさりながら、憲法改正を唱えることは、反対のお立場の陛下に石を投げるごときことですが、その言動の二律背反に、どう整合性をつけられますか? これは、あらゆる保守ブロガーの皆様へ、再三問いかけているところでもあるけれど。

トド子さんの記事を読むまで、遠藤健太郎さんのお名前を知らず、また同じ政治カテゴリーにいらっしゃることも気づかなかったので、経歴を見てみましたが、まあ街宣車を話に持ち出しての恫喝・逮捕歴はトド子さんの記事に詳しいので省きますが、気になったのは学習塾講師という肩書。出身校、大阪芸術大学芸術学部映像学科は偏差値50程度。ごく大雑把に言えばクラスでの成績、真ん中からちょっと下辺り。
皇太子のごとく「けつ2」というほどの惨状ではないにせよ、塾で講師というレベルにしては、お寒いのではありませんか?

しかも、情報に間違いがなければ国語担当? この日本語のレベルで? 肥満女がダイエット本を書くごとき暴挙かも。

天皇陛下の学習院実質落第、皇后陛下の学歴が喧伝されているごとき才女ではないこと、雅子妃の学歴フェイク、皇太子殿下の、皇族には必至の政治学科に入れない史学科、そこでも最後から二番目の成績、安倍昭恵さんのオツムの悪さを書く時、学歴や成績をあげつらうたび、やや忸怩としています。

地頭と受験脳が異なるぐらい承知だし、ふだんは学歴偏重ではないから。ただ、その人物の言動が胡乱な時、そしてその言葉が余りにも愚かしい時、頭脳の程度を疑いその縁として、学歴を参考にすることはあってもいいと思っています。

後なんだか、同じような時間帯のコメントが遠藤健太郎さんのブログに連続してついているそうですが(想像がつくので、読んでません)、その中にBBがランキングの操作をしている、との内容があるそうなのだけど。

ふきだしちゃいますけど。操作出来るなら、トップにするし。
登録後わずか3日間でアレよという間に3位になった勢いをそのままキープしておきますよ。5位などという位置に甘んじている理由がありません。

第一、古い読者さんはよくご存知のように、投書の拙ブログの方針は「バカは要らない。少数精鋭で行きたい」でした。だから、どんなに薦められても、頑としてランキングに参入はせず唯一自動的に置かれるGooのポータルサイトで、自分のブログが、どのくらい読まれているかの目安にしていた程度。

何度かもう止めたいと思いその都度、思い返し歯を食いしばって立ち上がって来たのですが、もういい、本当にこれでおしまいと自分に言い聞かせ、そのけじめに激戦区らしい政治カテゴリーに置いたのです。
足掛け8年間書き続けて来たブログをそのまま埋もれさせるのも忍びなく、また保守ブロガーの皆さまに、皇室の実像をお知らせしたくもあり。

それが、見ている目の前でぐいぐいランキングが上昇して行き3日めに3位という結果に、本当に驚いたのです。それと共に、これだけの支援を頂いているのなら、ここでやめちゃいけない、となって気を取り直し書き続けて、まだ一ヶ月も経っていません。

工作などと、最も遠いところに心はあります。

皇室がどうでもよければ、書きはしません。

ヤフコメの、大辻かおりさんにも二度お声をかけました。BB記事に疑念があれば、コメント欄に書き込んで下されば誠実にお答えします、と。
「素行の悪いブロガー」と言われては、黙ってもいられないし。いえ、怒ってはいません。ヤフコメというマイナーな空間であれ、大辻かおり  さんの言い分に引きずられる人がいるだろうから、それは阻止したい、とその思いからです。

遠藤健太郎さんも、大辻かおりさんもお顔を名前を出されての発信で、そこは立派だと思います。

ただ、匿名性でないと書けない真実というものが歴然とあります。

逆に顔と名前を出しての、ずさんなブログもたくさんあります。

こちら匿名とは言え、弁護士から警告と恫喝がそれぞれの記事に対して来ること複数回。常に、裁判の場に引きずり出されれ、素性をさらされることを覚悟の記述なので、慎重を期していて、でたらめを意図的に書くことはありません。

それぞれの問題に対してそれぞれ、信頼すべき情報入手のパイプは、ブログを続けている間に手に入れています。奇跡的、というのは大仰ですが誠意を込めて続けていれば、こういう人脈も出来るんだな、という感慨を持っています。

祓え給い、清め給え、

神(かむ)ながら守り給い、

幸(さきわ)え給え

コメ欄、お名前欄のUnknownや「あ」のような、いい加減なのや、「文章の一部をHNにしたの」とか、受け付けません。「名無し」「匿名」「通りすがり」も受け付けません。他とかぶらない独自の固定ハンでのご参加を。

記事のどこが、なぜ間違いなのか指摘できない論理と語彙の貧弱な人は来ないでね。

必然性のない「非公開」指定は固くお断り。

<!–

–>

Related posts:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ˆ Back To Top